小説や映画、漫画の紹介。  パソコンや地域の話題。
kirakira
20:02:27
 本屋には出会いがある。本を買う時、最近はネットをついつい使ってしまうが、それでもやっぱり本屋に行ってしまうのは”出会いの本”があるからである。
 ぶらっと入って本棚を眺めていくと、フッと目に飛び込んでくる。
 そんなことがある本は結構”アタリ”だ。
 なんらかんら言って何年も本屋通いをしているとなんとなく”アタリ”の本にカンが働く(外れたことはバクチにアタル、と言う人と同じように忘れてしまうから安心である)。
 これは”アタリ”の本でした。
 
 結婚してすぐに夫に先立たれた奥さんが夫の夢であり、その残した本屋を一生懸命すぎるくらいやっているのが面白い。
 このところ、大型書店やネット販売の台頭で街の小さな本屋が消えていってる。
 書店と顔馴染になって従業員室でコーヒーを飲みながら本の話をしたり、買ってきたおもちゃを広げて笑ったり、、、、なんとなく大型書店ではそういうことやりずらいんですよね。
 この話に出てくる本屋のように本の紹介をポップだけじゃなく、ビブリオバトルのようなイベントまやってもいいんじゃないか、と。
 大型で本を探す時はいいんだけど、この分野の本だけは、、とか個性が無いのが困りもの、、、。。。。
 ちょっとこれ読んで一服しましょ。
 なんとなくホッとする一冊でした
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
14:49:08


 高橋留美子好きじやーーーーっっっ!!!!

 高橋さんは「うる星やつら」からのファンで出たコミックはほとんど買っている。
 連載のものも良いが、高橋さんは短編が良い。
 特に高橋さんは作品にブラックなかおりがあるせいか、ホラーな短編が良い。
 この短編集はいつもは大版で先に出てるのだが、今回はこの普通コミックサイズから出てる。
 タイトル作品はちょっとホラーな人間の邪気を祓う鏡に取り憑かれた女子高生の話。
 ほかに呪いを与えることができる人形をもらった漫画家の話の「リベンジドール」。
 自信を無くした女優が出てくる「星は千の顔」。
 フェロモンを発する花で迫ってくるストーカーに狙われた新婚の妻の「可愛い花」。
 ネコ嫌いの少年と天然の女の子のボーイミートウガールの「With Cat」。
 あだち充との合作で対談集??の「MY SEET SUNDAY」。

 どれもちょっとシュールでホラーが入ってても男の子と女の子の出会いがメインになってる。
 ほんと、こうゆうちょっとしたとこが面白いと、感じてしまう高橋さんであった。

 ところでこれ買うちょっと前に奥様がうるせいやつらのラムちゃんがプリントされたパンツをなぜか買ってきた。
 「ラムちゃんパンツにはけるかーーーーーっっ!!」
 思わずラムちゃんプリントをスリスリ、、、とかはさすがにしなかった。
 パンツに貴賤はない。しっかりご使用することになりました。
 そーー言えば、ちょい前に北見コミケ発祥秘話をやったけど、コミケを北見に持ってくる前に遠軽・美幌とドサ回りを続けたのだが、その中に帯広フェスではラムちゃんのコスプレをした手作りと思われる虎ジマビキニの女の子が迎えてくれたが、おの女の子もきっと今は黒歴史を左手に封印して奥様したりしてるのだろうか????
 それとも「早く人間になりた~~~、、、、」とか言いながら3本指で叫んでいるのだろうか。。。。
 真相は30年の闇の中である。
kirakira
kirakira
10:57:14


 例の放射能で山岡さんが鼻血を出した、、、なんて表現でモンダイになった福島の真実編です。
 多分、本にあったようなことは実際に取材で言ったのを描写したものもあったのだろう。
 しかし、主語や細かい表現がきっと抜けているのでは、と思う。
 漫画にする際に派手に見えるとこを優先したり、コマ数や吹き出しの制限で抜けてしまったものも多々あると思う。
 それにしても被害者である福島の人たちを更に追い落とす表現は避けるべきだったろう。

 ただ放射能に関する誤解やデマ、一方的な反原発や原発賛成の偏った見方をするのではなく、科学的で普遍的な見方で物事を捉えることは必要だ、とこれを読んで更に思う。
 
 実際の話、正確な放射能に関する人に対するものってのは無いと言って良いくらいのはずだ。
 特に低レベルだと、同じ場所・時間にそこにいても人に対する放射能被害は変わることがある。
 放射能はランダムに細胞に影響するせいだ。もちろん、福島の事故がなかったら無い汚染だったわけでないにこしたことのない事象である。
 放射能と言う言葉に過敏に反応せず、正しい理解を得るのは難しいのです。
kirakira
kirakira
20:30:11


 久しぶりの吾妻びおです。
 これはどっちかってーと「不条理日記」かな。ただ、ネタが短くて一発ギャグが多いのがチト不満。
 でも、この雰囲気は吾妻そん以外に出せないなぁ。



 3巻目が出てたので買ってしまった。少しづつ恋人にちかくなっていってる感じもして微笑ましい。
 この3人の微笑ましさがこの漫画の良さで、雰囲気がとてもいい。



 ついに終わってしまった女神様シリーズです。
 もう10年以上アフタヌーンでやってたハズだよな。
 女神の願いを叶えるイベントに本物と思わず「恋人になりたい」と言うようなことを言ったことから始まり、次々と女神たちや悪魔までやってくる森里家。
 いやーーー、楽しかったなぁ。。。



 これも久しぶりの川原さん。
 この人は少女漫画で出てきたんだけど、そのころからホンワカなボーイミーツガールものを描いていたんだけど、なんかシニカルなギャグを感じさせる不思議な作風だ。

kirakira
kirakira
10:22:58
 「鉄腕バーディー」が終わってどうしているかな、、、と検索をかけたら新刊が出てたのでゲット。
 こっちも現代だが長命種と言われる老いない、病気にならない、めったに死なないという種族が公然と暮らしている現代。
 この長命種に関わる事件をヒロインと長命種の男が解決していく。
 このヒロインの家系にもなんかありそうで先が楽しみな一冊。
 今更ながらゆうきまさみの「じゃじゃ馬グルーミングアップ」も読み直した。
 これも馬産農家の話。そういや、これ連載は少年サンデーだ。サンデーでSFものやった人は農家ものをやるのだろーかー。。。。ゆうきまさみも元は札幌で生まれたらしいが、馬産農家の親戚でもいたのだろうか。。。。
 けっこう実態に沿って描いていると思われる。ま、サスガに私も馬は飼ってたことあっても馬産農家については知らないのでなんとも言えないが。。。

 と、いうわけで昨日の月。
 昨日の月は出始め見事に赤かった(ホコリのせい??)けどその写真はボケてたので中天に上がったこっちを。。。
 右下のチコ・クレーターにはNHKでアニメになったこともあるキャプテンフューチャーが住んでいるという設定もある。

 


kirakira
kirakira
プロフィール

kaicho.moonlight

Author:kaicho.moonlight
FC2ブログへようこそ!

kirakira
kirakira
FC2カウンター
kirakira
kirakira
フリーエリア

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira
カーソル・スイッチ