小説や映画、漫画の紹介。  パソコンや地域の話題。
kirakira
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
kirakira
kirakira
07:08:13
 海堂尊を読破中なのですが、図書館にあるのは後3冊ほど。
 困ったもんだ(小説でない「トリセツカラダ」とか2-3札ほかに置いてはある)。こういう読み方するから読む本無くなるんだよなぁ。
 ブレイズメスのほうは「ブラックペアン」で語り手となっていた世良医師が医院長の命を受けて桜宮市に心臓外科専門センターを設立するために天才外科医を招致する役目を押しつけられてしまい、院内の軋轢とかもありながら始める話。
 で、こんだけ暴風雨に巻き込まれ続けた世良医師だもん「極北クレイマー」であんな大きな顔して出てくるワケだわなぁ、と。
 「極北」の方は例のメタボリックの提灯白書で儲けようとした教授につい「それじゃ、メタボリックでなくメタボッタクリ」と本音を言ってしまったため、冷や飯を食っていたのだが最悪環境ではあるが崩壊寸前の極北の病院に逃げ込んで来た医師の遭遇する事件。
 この病院では産科での母子死があったばかり、遺族は納得は仕切れなかったものの終わった事件ではあったが、それを食い物にしようとする勢力により、事件として祭り上げられ、この医師がそれらの処理に関する諸々も押しつけられる話。うーーーん、この手のパターンが多いなぁ。
 以前にも書いたがメタボリックの根拠は薄くそれでそこらへんじゅう儲けている。
 潮流に乗れば楽ではあるけど、それについて何故と考えなければならない、ということですね。
 この極北市のモデルは今年日本SF大会が行われる夕張カナ。
 市、そのものも破綻の中、病院を守ろうとする。医療を食い物にしようとしたり、傘下に治めておきたがる勢力が入り乱れる。
 「ジーンワルツ」は以前に紹介した「マドンナヴェルデ」と対になる話。
 あちらは患者側、こちらは医師側から見た同じ事件。
 産科をめぐる諸問題に真っ向から立ち向かおうとする若き女医の話。

 いやーーー、どれも面白かった医療問題は興味のある分野でもあり、みんなで考えられなければいけない問題ですね。
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kaichomoonlight.blog18.fc2.com/tb.php/154-24bf8212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

kaicho.moonlight

Author:kaicho.moonlight
FC2ブログへようこそ!

kirakira
kirakira
FC2カウンター
kirakira
kirakira
フリーエリア

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira
カーソル・スイッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。