小説や映画、漫画の紹介。  パソコンや地域の話題。
kirakira
08:03:39
『コレクター』

私はコレクター。
その道では通と知られる第一級のコレクターである。
私程のコレクターとなると、集めたコレクションもさながらコレクトするその手順
そのものも興味の対象となる。
例え、それが我が身の危険となろうとも。
今日も私はとあるコレクターの屋敷に忍び込んでいた。
その時だった。家中の明かりがつき、大声が響き渡った。
「ワッハッハッハッハ…。ついに捕まえたぞ」
「な、な、なんだ……」
「私こそコレクターをコレクションするコレクターなのだ。この屋敷に私のコレクシ
ョンが隠してあるという噂を流してそのコレクションを奪いにやってくるコレクター
をコレクションしていたのだ。お前も今までにここにやってきたコレクターのように
私のコレクションに加わるがいい!}
「ハッハッハッハッハ。ワーーーッハッハッハッハッハ…」
「なんだなんだ。恐怖に気が狂ってしまったのか?」
「フッフッフ…。そうではないかと思った。私こそお前のようにコレクターをコレク
ションしてるコレクターをコレクションするコレクターコレクションコレクターのコ
レクターなのだ。ワナにかかったふりをしてここにわざと入って来たのだ」
「はははははは。やっぱりそうではないかと思っていた。お前こそ私の巡らした二重
三重のワナに入ってきたのだ。私こそコレクターのコレクターのコレクターのコレク
ターっ!!」
「私こそコレクターのコレクターのコレクターのコレクターのコレクターっっ!!」
その時だった。館の屋根が突然に割れ、そこから網が投げ込まれて2人を捕まえた。
「私こそコレクターのコレクターのコレクターのコレクターのコレクターのコレクタ
ーのトラクターっっ!!!」
そこに現れたのはトラクター型の宇宙人だった…。       (了)

<後書き>
私の書いた物の中で一番ハチャメチャなやつで一番私らしくない物ですが、それもその筈、これは私と友人が共作で短編集を作ろうとテーマを出しあった時に書いた物ですが、これはテーマを決めて2週間ほどした次の例会の時に面白いの思い付いたと私がトラクターが出る前の所まで友人に話すとその友人がコレクターのコレクターのトラクターっっきゃないと言い出したんでこのオチにしてしまった物です。
で、今になってみるとその時思い付いた本物のオチよりこっちが正当に思えてくるし、その時に考えてたオチがどんなんだったか忘れてしまったのでありました。
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
コメント
こ、これは…;
ノリのいいコレクターたちでんなー。
けろ│URL│2009/11/05(Thu)23:30:59│ 編集
これはモトネタは吾妻ひでおの「2人と5人」の会話がヒントだった記憶が。
ガメラの復活とか逆襲をもじって 復活! なにをこっちは題復活!! それならこっちは大々・・・ とやるのが頭にあって書いた。
怪鳥│URL│2009/11/06(Fri)07:44:27│ 編集
アンサーネタさんくすです♪
らしくないこともないですよw
ななみー│URL│2009/11/06(Fri)13:50:44│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kaichomoonlight.blog18.fc2.com/tb.php/25-27553a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

kaicho.moonlight

Author:kaicho.moonlight
FC2ブログへようこそ!

kirakira
kirakira
FC2カウンター
kirakira
kirakira
フリーエリア

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira
カーソル・スイッチ