小説や映画、漫画の紹介。  パソコンや地域の話題。
kirakira
07:18:31
 このところお気に入りの三崎亜紀さんの小説の短編集です。
 ほんと三崎さんの小説はフシギだ。現実ではありえない状況が平然と出てきてそれを違和感なく読ませる。
 前回読んだ「失われた町」では町が意志を持っている。
 町と言うのは一種の状態であって概念であるものがエイリアン的な意志をもって社会に存在する。
 今回の話の中でも収録の「七階闘争」ではビルの七階だけが独自に存在したり撤去されたりしているし、「図書館」では野生の図書館が町中に存在し、夜になると目覚めて本達がその中を飛び舞っていたりする。
 こんなフシギな状況を日常との齟齬なくよませている。
 ここらのフシギとSFのフシギではSFではそのフシギに科学的なものやフシギそのものの意味を追求したりするところだが、三崎さんの作品にはその演繹あたりはあまりしないのにそんな社会があたりまえのものとしてよめる作品にしているのがかなり変わっていて面白いと思うのだ。
 三崎さんの本はうちの図書館にはこれで終わり。他の本もリクエストしたら撮ってくれるかな。。。
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
コメント
おっ~~メモしなくては。。。
有川さん サクサク楽しく読んでます。
またまた、予約しなくてはぁ~な 作家さん
忙しい時期に突入。。。短編はいいですよね!
waniko│URL│2009/11/26(Thu)20:44:39│ 編集
私も年末に向けて色々たまってきました。
ひとつづつやっつけなくては。
怪鳥URL│2009/11/27(Fri)17:04:12│ 編集
おひさしぶりです、こんばんは。
『廃墟建築士』、不思議なテイストでしたよね。
スタートの発想は突飛なのに、ディテールが凝っているから妙なリアリズムがあって、おもしろかったです。
blue_blue│URL│2009/12/07(Mon)00:14:10│ 編集
同感ですね。
私がSFでフシギなものに読み慣れている、と言うだけではないスムーズな読みごたえがありますね。
怪鳥URL│2009/12/09(Wed)07:59:44│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kaichomoonlight.blog18.fc2.com/tb.php/34-b7c4d339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

kaicho.moonlight

Author:kaicho.moonlight
FC2ブログへようこそ!

kirakira
kirakira
FC2カウンター
kirakira
kirakira
フリーエリア

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira
カーソル・スイッチ