小説や映画、漫画の紹介。  パソコンや地域の話題。
kirakira
12:10:39
 買って3日目にはもう読んでしまっていたのですがなかなかレビューできませんでした。

 夏休みと言うことで合宿所に埋火君の家へ。
 埋火君の家は地元の酒蔵。大きさと古さでは定評。
 酒蔵ってのは麹菌が家についている関係で中々建て替えも簡単でないし、ね。
 ここのお爺さんは大のSFファンで家の書庫にはその手の本が秘蔵。。。
 それを借りに空ちゃんは入り浸っているのですが、当の家人たちはSFに興味のある人はいない。(そ------なんです!!!
 うちにも秘蔵のコレクションが散乱しているのですが、捨てられないように分類しようにも、、、、、。。。。
 かろーーーじて娘はファンタジーは特定のものだけ読むんですが中々興味を持ってくれないし。。。。グスン。。。)
 というわけで夏だ古い大きな屋敷だっってことで埋火家の人達にお礼代わりに「恐怖」をテーマにビブリオバトルを。
 で、後半は図書館との合同企画で「戦争」についてのビブリオバトル。

 紹介しようと悩んでいたのは私もなんかこの手のテーマで紹介しようか、と困っていたんですよね。
 なんせ新しいのは中々ピンとこない。かといって古いのはそんじょそこらにないし、埋もれているところから探そうにも、、、、、、、、、、、、。というとこなんです。
 かろうじて最近、ちょっとコワイかもって思ったのは前に紹介した「環境問題のウソのウソ」か。
 なんせちょっとした権威が思い込みと金儲けのために本を出してそれに煽動されてしまった人がいたり、調べてみるとこの教授、原子力問題の委員とかしてたんですよね。
 思い込みと金儲けのためにデータを自分の都合のよいように扱って良いと思っているように考えられる人が原子力を左右していた、、、。これはコワイ、、、くらいか。

 戦争はなんかピンと思い出す本がない。でも、空ちゃんのもちょっと私が挙げるとしたらチガウって感じ。
 空ちゃんの感想については同感なんですが、ね。
 
 戦争問題については今も日韓とか中国絡みで思うことも多いケド、ちゃんとした歴史認識。それも勝ったほうも負けたほうも鑑みて考えないと難しいと思います。
 言えることはどんな戦争も双方にとって愚かしく、悲惨で生むものは少ないと言うだけです。
 今年も終戦の夏がやってきます。
 この本で取り上げられた本を読んで考えてみるのは大切なことでしょう。

 
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kaichomoonlight.blog18.fc2.com/tb.php/402-921aa546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

kaicho.moonlight

Author:kaicho.moonlight
FC2ブログへようこそ!

kirakira
kirakira
FC2カウンター
kirakira
kirakira
フリーエリア

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira
カーソル・スイッチ