小説や映画、漫画の紹介。  パソコンや地域の話題。
kirakira
20:02:27
 本屋には出会いがある。本を買う時、最近はネットをついつい使ってしまうが、それでもやっぱり本屋に行ってしまうのは”出会いの本”があるからである。
 ぶらっと入って本棚を眺めていくと、フッと目に飛び込んでくる。
 そんなことがある本は結構”アタリ”だ。
 なんらかんら言って何年も本屋通いをしているとなんとなく”アタリ”の本にカンが働く(外れたことはバクチにアタル、と言う人と同じように忘れてしまうから安心である)。
 これは”アタリ”の本でした。
 
 結婚してすぐに夫に先立たれた奥さんが夫の夢であり、その残した本屋を一生懸命すぎるくらいやっているのが面白い。
 このところ、大型書店やネット販売の台頭で街の小さな本屋が消えていってる。
 書店と顔馴染になって従業員室でコーヒーを飲みながら本の話をしたり、買ってきたおもちゃを広げて笑ったり、、、、なんとなく大型書店ではそういうことやりずらいんですよね。
 この話に出てくる本屋のように本の紹介をポップだけじゃなく、ビブリオバトルのようなイベントまやってもいいんじゃないか、と。
 大型で本を探す時はいいんだけど、この分野の本だけは、、とか個性が無いのが困りもの、、、。。。。
 ちょっとこれ読んで一服しましょ。
 なんとなくホッとする一冊でした
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
コメント
No title
井上陽水に小春おばさんという曲があります。田舎町にある貸本屋がイメージされる曲ですが、何となくそんな感じがしました。昭和レトロでしょうか。
ゆうしゃケン│URL│2015/11/21(Sat)21:19:04│ 編集
No title
この本の設定が昭和の戦後すぐって感じです。
知り合いの本屋にビブリオバトルを持ちかけようかと、思いつつ、私って読んだ本はすぐ忘れるんですよね。
おかげで何回も読める。(^^ゞ
怪鳥│URL│2015/11/24(Tue)19:47:32│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kaichomoonlight.blog18.fc2.com/tb.php/418-5184d3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

kaicho.moonlight

Author:kaicho.moonlight
FC2ブログへようこそ!

kirakira
kirakira
FC2カウンター
kirakira
kirakira
フリーエリア

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira
カーソル・スイッチ